ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

公立受験校決定 〜中学進路懇談と公立模試結果

受験する公立高校を決定し、願書に校名記入・捺印した。


今週は、中学では公立高校受験に向けての進路懇談、塾では最後の公立判定模試の結果が速報で知らされ、その結果をもって公立受験校を決定する、重要な期間だった。


中学での進路懇談…
前日に既に懇談を終えた同級生の話は厳しいものも多く、シビアなことを言われるのは覚悟で臨んだ。

まず、内申点
音楽は後期で巻き返したものの、年間の評定は最高評価にはならず。無念の失点だったが、全体としては問題のない評定に着地した。
評定基準が厳しかった2年生の内申点が多少足を引っ張るものの、3倍で加重される3年生の内申点でカバーできた形だ。

そして3年生で4回受けた学力テストの校内偏差値と併せて、中学としての合否の可能性の見解を言われる。


問題ないでしょう。
この内申、この成績で落ちてきてもらったら困る! 必ず合格してきてください。


というものだった。

すなわち、過去の実績からいくと、同程度の内申点・学力の生徒は、ムスメの志望校にはほぼ合格してきている ということだ。
もし今回、ムスメが残念な結果になると、次年度の受験生にはもっと厳しい話をしなくてはならなくなるのだ。

これまでの中学の進路懇談では、甘い話はまったくなかった。次の学力テストではあと○点くらいは、というような話ばかりだった。
ここにきて予想外にすんなり話が進み、拍子抜けした感がある。


そしてその夜には、塾の公立判定模試の速報についても告げられた。もはやここで話が覆ると願書を作り直しになるのだが。

志望校、A判定。安全圏。
塾長からは、もうひとつ上を受けないか? それでも塾としてはGOを出す、という話があったらしい。

予想通り、ムスメはあっさり断って帰ってきた(苦笑)


親としては、その “もうひとつ上” をずっと見据えてきたのだけれど。
そちらにしたら、B判定なのかC判定なのかわからないが、もし本人が受けたいと言うのなら背中を押していたと思う。

なんのこだわりもなく、どこでも良いよ と言い続けてきたムスメだが、それでも最後は自分で決めた受験校だ。“もうひとつ上” への憧れはそっとしまって、本人の意思を尊重しようと思う。

そして、学校も塾も見解としては安泰ではあるものの、当日点が7割を占める入試だ。決して安泰とは考えていない。入試までわずか半月ちょっとしかない時期になっても、まだまだ足りないとすら思う。とはいえ、多少ホッとしたのも正直な気持ちだ。



ムスメの周りの受験生たちにとっては、波乱の1週間だった。
学校の見解や、模試の結果で、悔し涙を流した子もいるし、受験校の変更を余儀なくされた子もいる。逆に成績が急上昇して想定外の上位校を再検討している子も。
出願までもう1週間ないのだが、それでも受験校をまだ保留している子もいる。

ともに頑張ってきた仲間たちだ。ムスメも含め結果どうなるかはわからないが、まずはなんとか自分の気持ちと折り合いのつく選択をしてほしいと思う。
大人ですらなにが最善なのかわからないことを、15のこどもに決めなさいというのは、実は勉強そのものよりずっと難しいことなのかもしれない。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

学級閉鎖からの。

あれは、週末に私立入試を控えた週明けのこと。
小学生の弟のクラスが学級閉鎖になった! と思ったら、弟自身もその日の夕方から発熱。

これは大流行のインフルエンザ確定だ、ムスメが入試を控えているのに、と、戦々恐々として検査を受けたら、インフルエンザではなくマイコプラズマ

受験を控えたムスメ。
慢性疾患がありつつ感染症にかかった、その弟。
ノイローゼになりそうだったが、なんとか元気に私立入試に送り出した朝、それだけでもホッとしたものだった。


そして弟は元気を取り戻し、私立入試も無事終わり、3連休明けにふたりは登校。

が。

今度はムスメのクラスが学級閉鎖。
そして、ムスメ自身も、その夕方から… 発熱。

なんのデジャヴなのか。


幸いというかなんというか、インフルエンザ検査はやはり陰性で、おそらくムスメもマイコプラズマかという診断だった。
学級閉鎖中なので、家で体調を騙し騙し受験勉強に勤しむ日々だったが……

それから3日過ぎたところで、明らかに高熱!

そして今度はインフルエンザ陽性。
週明けの時点で感染していたがウィルス量が増える前で反応がなかったのか、あるいはその受診時に病院でもらった可能性も。もう、なにがなんだか。


塾の公立対策講座は鬼のようなカリキュラムで進行中で、インフルエンザ罹患の子をゆっくり寝かせてやることもできないジレンマに襲われつつ、ムスメの代わりに塾に通っては授業でやったプリントをいただいて宿題を聞いてくるのがハハの仕事だ。

そして最後のジャッジである、明日の公立模試も受けられなくなった。後日受験しても合否可能性の判定は出ない。他の受験生の成績と照らし合わせて、おそらくこのあたりの順位、可能性としてはこれくらい、という話は聞けるようだ。


そんなバタバタの中、塾の先生からは「受験校は本当にC高校で良いのか、B高校を受けないのか」と聞かれる。
学校の担任の先生からも電話があり、「来週の進路懇談に向けて公立高校受験者の合否可能性の判定会議をしているが、C高校に確定で良いのか、B高校を受ける可能性はあるのか」と確認が入る。

周りからも、それなりに納得のいく私立に合格しているのだから、B高校を受験するのもアリなのでは? という声がチラホラ。
それもそうだろう。だいたい同等くらいの成績の子たちは、志望校はB高校で、最後の模試の結果を見てそのままいくかC高校にするか、というパターンが多いのだから。

そして、欲もこだわりもないムスメは、
C高校 “で” 良い と言う。


受験校を決める理由はさておき、最後は自分で納得のいく選択をしてもらいたいから、ハハは意見はしても反対するつもりはない。

そして、C高校だったら余裕があるのかというと、そうではない。
そもそも3人に1人は残念な結果に終わるくらいの倍率の入試だ。当日次第で残念な結果になることも十分あると考えている。

どういう選択をするにしても、あと23日。
余すことなく努力すること。それしかない。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

私立入試 結果。

2月10日に入試を受けて2日後の今日、午前中には速達が届いてその結果が知らされた。


無事、合格。


私立に関してはこのあたりの地域では、中学校と受験校との間で『事前相談』なるものが存在し、相談と言いつつも実はその時点で合否はほぼ決まっているという。中学校の先生も「必ず合格できます」と言わないまでも、事前相談やら合否の可能性やらについては否定もしない。

ムスメに関しても中学校の進路懇談で「安心して併願で受験してください」と言われていたので、当日余程のことがない限りは大丈夫だろうとは思っていた。

とはいえ、合格通知を手にして、ホッとしたのも事実。
ハハが入学金の納入を忘れない限り、春から高校生になれることは確定したのだ。

それに、この高校から受験してもらってOK、と言ってもらうには、それまでのムスメの中学校での学習努力をなくしては成立しない。どんなシステムであれ、本人の努力の結果ということには違いない。


ただ、淡く期待していた特待生合格には手が届かなかった。
過去問の出来からすると、可能性はなくはないと考えていたのだが、既にその学校の公式サイトにて校長先生が、昨年以上に受験生の成績はレベルアップしている、とおっしゃっていること、また例年と傾向がうってかわって男子生徒の受験が多かったこと、さらにムスメと同じ中学からの受験生の中にも極めて優秀な子がいたことなどから推測するに、今年の特待はかなりの難関だったのではなかろうか。

この学校、年々国公立大合格者が増えており、昨年は東大理Ⅲと京大医に現役合格者が出た。このインパクトは相当だったと思う。


実は、万が一特待合格が叶った場合、もしくは最後の公立模試でミラクルを起こした場合、もう一度公立の受験校として目標校としてきたB高校を考えてみないか、ムスメを聞いてみるつもりだった。
今日、合格通知を手にしたときに、ポロっとそんなことを言ってみたのだが、公立模試の結果がどうあれムスメ自身はC高校を受験すると決めているようだ。逆に公立模試の結果が十分ではなくても、そのときは私立へ行く覚悟をもってC高校を受験する… これは以前から決めていたことだ。


お祝いムードは、昼ごはんに添えたケーキだけで、今日から塾の公立対策授業が始まった。16時から22時まで、お弁当持ちで塾に缶詰。

公立入試まで、あと4週間。
これからが正念場なのだ。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

いよいよ… 私立入試。

今日はムスメにとっての初戦。
第2志望の私立高校の入試の日を迎えた。


1月末に学年末テストを終え、そのあとはこの日に向けて準備をしてきた。

直近2年の理科の過去問で随分引っ掛かり、塾の理科の先生のところに通い詰めて質問を繰り返した。
塾に行った日は、ほとんど閉塾時間まで残って勉強していた… はず。

木曜日に塾の決起集会があり、私立対策最後の授業。
昨日、金曜日はさすがに家で落ち着いて過ごすのかと思いきや、学校帰りそのまま塾に行き、3年生が全員帰される20時まで… 最後の最後まで、理科の先生に勉強を見てもらっていたらしい。


過去問の赤本についていた付箋は減っていき、
代わりに同級生や塾の先生からの激励メッセージで表紙と裏表紙が埋め尽くされた。

塾の先生からはお菓子とカイロを、学校の担任の先生からもミニカイロをいただいた。
学校帰りに塾に直行した木曜日は、塾の近くに住むお友だちのお母さんが、ムスメの分までお弁当を用意して届けてくれた。

自分の努力の足跡だけでなく、どうか周りの人たちの支援や応援、厚意を、忘れないでほしい。


共に過ごしたお友だちが数人インフルエンザにかかり、家庭でも弟がマイコプラズマにかかり、綱渡りのような日々だったが、なんとか元気にこの日を迎えることができた。
天気予報の雪マークに肝を冷やしたりもしたけれど、今朝は雪が降ることもなかった。

あとはいつも通りに、
これまでやってきたことを解答用紙に書けたら、
まずはこの関門を突破できると思う。


実は、落ち着かずソワソワしているのはハハの方。
ムスメ本人は、昨晩は久し振りに早く寝られてラッキー、といった様子だし、まったく緊張する様子もなく淡々としていた。

あの肝の据わり方は、タダモノではないと思う、わが子ながら。


ハハにとっては長い一日になりそうだ。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

あとはひたすら走るのみ。

学年末テストがようやく終わった。

終わったら、私立入試まであと10日しかないという…。


学年末テストは出題範囲も狭かったし、学校側も点数を取らせようという目論見で作ったテストだったように思う。

過去に受けた都道府県内の統一テストの結果で、その中学で付けてよい内申点の平均値の範囲が定められるが、ムスメの中学はまだ内申点を上げられる余裕があるのではなかろうか。
感触的には、5科合計470〜480点の子が結構いるだろう、450点以上だとかなりいるだろう、という易しさだったらしい。
テスト終了後の2日間で既に6教科返却されたが、ムスメのテストの出来も安心して見ていられるものだった。

ということは内申点で悩まされることはなさそうだし、あとはひたすら入試に向けての勉強をするのみ、なのである。


学年末テストが終わり、私立の過去問を再開した。
テスト前に取り組んでいた、2013〜2015年の3年分は割と良く出来ており、昨年の合格者平均点(500点満点)を50点は上回るような結果だったので、もしやこれは特待狙えるか? と淡く期待を抱いていた。

が、直近2年分をやって撃沈。

2016年は入試問題そのものが難しかったらしく、合格基準点も例年より30〜40点下回ってはいるものの、昨年の合格者平均点あるかないか、というところ。2016年以前は合格者基準点しか情報がなく、平均点がわからないのでなんとも言えないが…

2017年、合格者平均点プラス20点程度。
この状況を見る限り、不合格はなさそうに思うが、かといって余裕があるわけでもない。

2016年の理科の問題で、大問まるまるまったく手が出なかったものがあったとかで、今日は学校から帰ると過去問と勉強道具と夕食代わりに食べるものを抱えて、質問に行くと塾へ出かけて行った。
ハハは仕事をしているので、平日は塾弁の用意も出来ず、ムスメは勉強の合間にパンやおにぎりをかじる日々だ。
体調管理も大切な入試準備なので、せめて家で食べられる日はきちんと食べさせることと、免疫力の向上が期待できるという受験生御用達のかのヨーグルトをせっせと買い込むことくらいしかできない。

そう思うと、完全給食のわが自治体、様様だ。


とにかくあと一週間は私立入試に向けて、精一杯の準備を。過去問で出来なかったところをとことんやり直し、出題傾向を十分把握して、当日落ち着いて受験できるように。

特待合格だなんて欲を出してはみたものの、まずは合格することが第一関門。公立入試に向けて安心して突き進めるための切符なのだ。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

進路希望調査 結果/私立高校出願。

昨年末、11月だろうか… の、都道府県下の公立中で行われた進路希望調査の結果が公表された。

公立高校の志願者状況。
ムスメの目標校:B高校 と、この地域では志望校のC高校より偏差値的にひとつ下にあたるD高校が、都道府県下トップの志願倍率で、なんと2倍近い数字を叩き出していた。

志望校:C高校 は1.5倍程度だが、このサンドウィッチ状況、上から下から志願者が流出してくるのでは?? と、戦々恐々である。

「はぁ〜〜、もうB高校はないな…」
と、ムスメ。
成績の伸び悩み具合からしても、やはりB高校だとかなりのチャレンジになりそうだし、それに追い打ちをかけるこの倍率。

B高校は、伝統ある進学校で、文武両道で行事も盛ん、自律の精神を重んじている学校。例年人気で、昨年度同時期の進路希望調査でも1.9倍近い倍率となっていたから、予想の範疇ではあった。
公立上位校は大抵、実際の倍率はこれより下がる。玉突き方式で全体的に受験校を下方修正して、結果中堅校あたりの倍率が上がるのだろうか。あるいは私立専願に志望変更する子もいるのだろうか。


そして塾の公開テストの正式な結果が返却された。
これまた予想通り、B高校はボーダーまであと少しのD判定。志望校のC高校は合格圏内のB判定。D高校だと合格確実圏のA判定。

まぁ、受験校はもう決まったようなものか。


今週は、私立高校の出願もあった。
同じ中学からの受験生は、ムスメ含め5人。この私立高校は別日程でも入試を行うのだが、そちらで受験する子も5人とは別に数人いるとか。

5人のうち、他塾の2人のことはよくわからないそうだが、同じ塾から受験する2人は、ひとりは別校舎の最上位クラスにいる男子。公立高校はおそらく都道府県トップのA高校だろう。もうひとりは塾で同じクラスの女子。これまではあまり混み入った話はしていなかったそうだが、出願に行く際に聞いてみたら、B高校かC高校で迷っているのだそうだ。本来B高校志望だが、直近の公開テストで振るわず、C高校に変更するかどうか… ということらしい。

塾で同じクラスの子たちは、平日の授業とは別の土日特訓授業を受ける際に、さらに成績で振り分けられる。
成績基準を満たした上位の子は、別校舎の選抜コースへ。それ以外はその校舎の通常コースへ。

出願の際にふたりが持ち寄った話を総合すると、選抜コースへ行った同じ中学の女子4人のうち、ムスメ以外の志望校はB高校、ということだ。
これには軽くショックを受けた。わが家はずっと、志望校はC高校で、もし成績が伸びればB高校を検討しよう、という考えだった。塾の先生からは手堅すぎると言われ続けたが、同じくらいの成績の子たちはB高校を受験する前提で努力しているのだ。

考えが緩すぎたかもしれない。
偏差値以外の志望理由があって、あえてBでなくC、であったわけでもない。



さて、とりあえずは目前になった学年末テストに向けて、だ。
受験勉強は小休止にはなるが、ここできっちり得点して内申点をひとつでも稼いでおくことが、公立入試の大きな手助けになる。

今日・明日は、全員参加のテスト対策勉強会で、塾に缶詰である。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

学力テスト と 公開テスト その結果。

昨日、塾の公開テストの結果の速報が知らされた。

ムスメの校舎の3年生のトップは、なんと真ん中のクラスの生徒だったと言う。
この塾、成績順に席次を並べられ、およそ3分の1ずつ学力別の3クラスに振り分けられている。当然、通常なにをとっても(例えば模試の平均点)上位クラスの成績が上、それは絶対である。

どんな努力をしてトップに躍り出たのだろう…
ムスメと仲良しのお友だちも、上のクラスではあるけれど最前列に座っているのに(クラス内での席次は下)、別校舎の最上位クラスを辞退してここに在籍している子、あるいは最上位クラスから残念ながらこちらに戻ってきた子に引き続き、4番目に名前があったそうだ。
日曜の選抜コースに一緒に通っているお友だちが、5番目。

このようにグングン成績をあげている生徒たちの頑張りが効いているのか、この校舎には最上位クラスがないというのに、複数の教科で最上位クラスが存在する校舎の平均点を上回ったのだと言う。その教科担当の先生方はすっかりご満悦、ご機嫌だったようだ。


そしてムスメの成績…
昨年の同回と同じ程度なら…… などと仮定して予測していたところ、その偏差値を4も下回った。今回は比較的容易だったということだろう。

正式な成績が返却されるのはこれからだが、おそらく志望校はB判定、目標校はD判定になるのではないかと思う。
最後に公立判定模試があと一回残されており、公立高校の合否可能性を探るにはそれが最も信頼度が高いのだというが、それにしても目標校の方を受験する道はほぼ閉ざされた感がある。
また、志望校とてまったく予断を許さぬ状況だ。


そして今日は、学校の学力テストの度数分布を持ち帰った。
こちらも個人順位、校内偏差値は提示されておらず、度数分布からの推測でしかないが…
どうだろう。おそらく順位は上げているのではないかと予想するが……

ここでも塾のテストでムスメの上にランクインしたお友だちが、やはり上にいる。


○○ちゃんと●●ちゃんは凄いよねー
と他人事のように言うムスメだが、悔しくはないのだろうか。
確かに、真面目にコツコツと努力するタイプの子たちで、学校の定期テストでは着実に結果を重ねてきていたようだ。けれど塾では長い間ムスメがリードしてきたというのに、秋の終わり頃から完全にひっくり返された。

思わず、貴女には意地はないの? などと口に出してしまった。


個人と個人の勝負事ではないのは百も承知。
一緒に頑張ってきた子たちだから、ともに良い結果に結び付いて欲しいとも思っている。

ただ、悔しさやもどかしさを微塵も見せないムスメが、正直腹立たしくさえ思えてしまう。
親バカなのか、その子たちに水をあけられても仕方がない、とも思えないのだ。明らかにムスメの努力不足ではないか。

お友だちとの成績比較はさておいても、志望校を受験するにはまだまだ学力が足りない。


学年末テストまで、あと10日ほどになった。
これから当面、その対策に軸足を置かざるを得ない。

まずはそこで、悔いのない結果を。
そしてそのために、悔いのない努力を。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村