ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

塾の自習室。

土曜日。
ムスメはテスト前の勉強会参加で、お昼前から塾へ。

勉強会の会場は一般の教室だが、そこで勉強しながら20席ほどの自習室が空く順番待ちをしていたらしい。夕方近くなり、自習室へ移動。

自習室は、長時間の勉強にも耐えられるよう、クッション性のある座り心地の良い椅子が用意されているらしい。教室のそれは学校でよくある硬い椅子だから、確かにずっとそこに座り続けるのはつらいかも。


それでも、もともと自習室での勉強は苦手だというムスメ。静かすぎるのが余計集中できないというのが理由だ。普段から音楽をかけて勉強しているが、そういう多少の雑音があった方が余計な外からの音をかき消せるらしい(あくまでもムスメの理論によると)。

ただ土曜日は気が乗っていたのか、いやそもそもは自習室派の友人が誘ってくれたのだと思うが、夕食を届けてほしいとの連絡があり、そのまま夜21時まで塾で勉強していた。

捗ったアピールはしていたが、それは定かではない。友だちと筆談やひそひそ話をしていた可能性もある…。
とはいえ、家よりは誘惑は少ないし、ハハにとっても家で勉強されるよりその場のストレスは少ないので、正直あの日は自習室で勉強してくれて助かった。


翌、日曜日。
塾のオープンと同時に入って自習室の席を確保する、と意気込んでいたので、その時間に合わせて塾へ送り届けた。

ところが、だ。
『集中できないから迎えにきて』
と連絡が入ったのは、その2時間半後のこと。

家だと集中できるというのか? と疑問に感じつつ、ムスメを引き取りに塾へ。
そして事情を聞いてみると、自習室内がザワザワしていて落ち着かないというのもあるが、時折覗きにくる先生がウザいし、なんといっても一番の理由は…

『臭い』

自習室ではリラックスして勉強できるよう、靴を脱いでしまう子が多くいるらしい。それに加え、この湿気。
第二次性徴期を迎えた男子の足の臭いに耐えられない、というのだ。

笑い話のようだが、あの年頃の女子には耐え難い環境だったようだ。ムスメより前にも同級生の女子ふたりが顔をしかめて早期帰宅したという。。


帰宅したムスメは、自分の部屋にこもって勉強すると言いだした。
基本、わが家はリビング学習である。公文式をやっていた幼少期からの流れで、当時横について宿題をみていたなごりだ。

ムスメのことは信用していないわけではないが、楽な方に流されやすい性格だということもわかっている。はたしてハハの目の届かないところで勉強し続けることができるのだろうか。

夜になり、今日はなにを勉強していたのか? と尋ねると、国語のノートまとめと理科のワークと… あまり捗りが芳しくないような気もしたが、なにぶん多くは語らない子なので、他にもぼちほち勉強していたのだろう、と思うことにした。


今回だけに限った話ではなく、この先、受験勉強体制に入ってから、ムスメの勉強場所はどこになるのだろう。
塾は実はそこそこ遠い… 中学の校区内ではあるが、わが家と塾はその端と端にある。ハハのいない時間帯に塾へ行こうとしても、自転車で出られない荒天の日はまず無理だ。

となると、自宅の自室なのか、リビングなのか。静かだけど目が届かない、目は届くけれど家族の生活空間でもあり落ち着かない、一長一短ある。


なにはともあれ、明後日から期末テストだ。
副教科は前日詰め込みのため、副教科のテストのある前日はほぼそれに終始する。ということは実質今日までが勉強期間。

今回あまり踏み込んで勉強内容を見ていないため、ムスメの達成度もイマイチ不明。やはりせめてテスト前日は仕上がりくらいは確認して、見直すポイントくらいは声掛けしたいところだが…。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

私立高校説明会(Q高校:仮称)

私立 Q高校(仮称)の説明会に参加してきた。

率直な感想として、とても良かった。
併願校として、第3候補くらいに考えていたのだが、第1候補になる可能性があるくらい印象が変わった。

また、私立高校を見るポイントも、朧げながらわかってきた気がした。


建学の精神は?

公立高校と違う点、私立高校には建学の精神や創始者の精神というものが存在する。
これが教育の基本となっており、これを知ることですべてがわかるわけではないものの、その学校の教育指針の基盤がわかる。意外と大切なものだ。


教育カリキュラム

例えば、海外留学の機会を設けている、大学との連携プログラムがある、検定合格のためのサポートがある、大学受験に向けての補習に力を入れている、など。
公立高校でも同じことが言えるかもしれないが、私立はより特色的。


内部生と外部生

これは地域性があるかもしれない。こちらでは中学校を併設した学校が多いため、その場合は中学以前から在籍している内部生と、高校から入学した外部生との扱いや層の違い、関係性を確認しておくことは必要かもしれない。

中には、華々しい大学合格実績の大半を占めるのは内部生、という学校もあるらしい。

Q高校は、内部生と外部生は授業の進度が違うため、それだけの理由で別コースにしている。
そして、大学合格実績におけるそれぞれのコースの状況を包み隠さず提示していた。その実態もさることながら、受験生や保護者が知りたい本当のところを公開している、という姿勢に非常に好感を持てた。
ちなみに、内部生と外部生の合格実績には大きな開きはなく、志向の違いによって外部生の方がより国公立合格者が多い、ということだった。


文武別道 か 文武両道 か

どちらかというと最近は校内に複数コースを設置して、学業専念のコース、部活に注力するコースなど、すみ分けをしているところが多いかもしれない。

ムスメは中学時代、部活を柱にして学校生活を過ごしてきた子なので、文武別道の学校は厳しいかもしれない、と考えていた。
Q高校は部活加入率が7割、学業と部活動と行事の三兎を追う、と明確に言っている。


塾や予備校の必要性は?

通塾者は全体の3〜4割います、と明言したあとで、学校としての進学へ向けての取り組みについて触れられた。
長期休暇中や3年生の補習カリキュラム、授業時間外に自習できる環境 など。また先生方の個別のサポート体制。
いわゆる 面倒見の良い学校 という印象で、本人の気持ちと取り組み次第で、塾や予備校なしで受験体制を作れるベースがあるように感じた。


入学者の実態

内部生と外部生の割合だけでなく、外部生の専願合格者と併願合格者の内訳。また併願合格者へのアンケートによる併願校の名称と人数まで出してくださっていて、驚いた。

結果、ムスメが受験することを想定している公立高校を志願していた生徒がかなり多く入学していることがわかり、もし仮に公立が残念な結果でこちらにお世話になることがあっても、これならモチベーションを維持したまま学校生活が送れるのではないかという安心感を持てた。


その他、学校行事への取り組み、校風など。
それらを卒業生へのざっくばらんなインタビュー、生の声を含めて聞くことができた。その場でも教員の方々と生徒の関係性を垣間見ることができ、繰り返しにはなるが知りたい本音の部分を聞けたことは収穫だったと思う。


やはり、実際に話を聞いてみないとわからないものだ。気になる学校の説明会には積極的に足を運ぼうと改めて思った。

またこの学校のオープンスクールの機会には、今度はムスメ本人と一緒に訪れたいと強く思った。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

期末テスト直前の週末。

ここで勉強しなくては、いつやるのか。

今日からテスト期間中までが、勝負。
定期テストは短期集中でもそれなりに成果は出る。知識の定着という点では少々問題はあるが。
しかしながらいまは、とにかく目の前にあるテストで結果を出す それがすべて。

ハハの目から見ると、ムスメのテスト勉強はようやく徐行運転を始めた程度にしか見えないのだが。


少なくとも勉強する環境に身を置いてもらうため、この土日は塾の6時間特訓なる勉強会に参加させることにしている。

ただ、強制参加の基準(前回、すなわち中間テストの5科の合計点による)に入っていないため、任意参加で遅刻・途中抜けokなのだ。
席数の関係もあるのだろうが、全員参加にしてもらえないだろうか。ムスメのように楽な方へ楽な方へと流される子は、余裕の顔で重役出勤するに違いない。

まだ何時から塾に行くか決めていないというムスメが気になりつつも、ハハは私立高校の説明会へと向かう途中。


今月の土日は、ほぼムスメの部活と進路関係行事に費やした。
気持ちはあっても身体がついていかず、疲れが抜けなくて体調は芳しくない。そして家の中は崩壊状態だ。

明日はせめて山積みになった、学校や塾関係の資料、その他郵便物などを片付けなくては。

そして夜は勉強の付き合い…
さすがに暗記力は中学生には勝てない。社会のテスト範囲を見ているが、半ばで脳ミソがパンクしそうだ。
(現在、満州事変やら日中戦争やら、そのあたり)


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

私立併願校。

ここのところ毎日のように、私立高校のチラシを学校で配布され、持ち帰っている。初回の学校説明会がそろそろ、というところが多いようだ。

また、塾の個人懇談も始まりつつあるが、先に懇談を終えた親御さんの話によると、もう私立併願校の話をされたらしい。具体的に校名をあげての話だったということだ。

公立の志望校すらまだ曖昧な我が家…
私立なんて、いくつか想定している学校はあるけれど、それぞれ学校説明会に参加するのもこれからだし、併願校は一校だけなのか、複数受けるのかも決めていない。


ところで、私立高校の選択のひとつの要因となってくるのは、授業料などの納付金の助成だ。

先日、住民税の通知書を受け取ったが、その金額により国の、あるいは都道府県独自の助成が受けられるかどうか、またいくら受けられるかが決まる。
私立高校独自の奨学金制度がある学校もあるので、両方を見比べてどちらにメリットがあるのかを考えてみる。といっても奨学金制度は成績基準などが設けられているところが殆どで、必ず給付されるものではないが。


まずは明日、某私立高校の学校説明会に参加してみようと考えている。
会場が高校とは違う場所で学校見学の機会はなく、またムスメはテスト前ということもあり、今回はハハだけ参加予定。

候補と考えている数校の説明会には参加することになるだろうし、もし別日程の私立高校も受験することになれば、その対象はさらに増える。公立も含め、何校の話を聞くことになるのだろう。



テスト前で部活停止になっているが、どうやら昨日は、学校から帰宅後の夕方の時間帯は漢字の勉強を少ししていた程度だったようだ。

その後塾で、英・数のテスト対策授業。
なんの勉強をしてきたのかと聞いても、モゴモゴ言っているだけでよくわからず。

塾からの帰宅後もずっとゴロゴロしており、見兼ねてカミナリを落としたときは既に23時半。


この危機感のなさは、一体どういうことだろうか。

カッとなって怒鳴りかけたが、なんとか自分を制止し、“結果が伴わない場合は、スマホの使用は停止。さらに大きく成績が下がる場合は、その時点で部活は引退” と告げて、先に寝た。

朝、ムスメが勉強していたあたりを見てみると、それから理科の総復習ワーク(テスト範囲に含まれている)を25ページほど、テスト範囲のすべてをやっていた様子。何時までかかったのかは不明。

エンジンがかかるのが遅すぎ。
そしてまた停止しないだろうか。


いよいよ週末。
ここでしっかり勉強できるかどうかが勝負だ。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

テスト勉強の進捗は…

期末テスト前 1週間を切ったが、ハハの目にはムスメのテスト勉強が捗っているようには映らない…。

昨日の夕方は、友だちと、提出物である英語の教科書ワークをやっていたと言う。
お喋り7割、勉強3割といったところだろう。

で、そもそも提出物の類はすべて終了したのではなかったのか??
ムスメいわく、昨日テスト範囲と提出物が正式に発表され、英語のワークは専用のノートと書き込みとで2回やるように指定されていたからだと。…そんなこといま始まった話なのだろうか。


夕食後ものらりくらりと英語のワークを続け、終わった! と言ったのが既に21時過ぎ… そこから入浴(これがまた長い)…… 出てきてからも髪を乾かすのに時間をかけ………

22時半頃になって、ようやく社会の問題集に取り組み始めた。
ここで耐えきれず、そんなペースでテスト勉強間に合うのか、と言ってしまったのだが、社会は既にある程度問題集もやってきてるし、と反論。

確かに、日頃の授業の中でどれだけ理解し、得た知識が定着しているのかは、ハハの知るところではない。また塾での学習やテスト対策授業も若干ブラックボックス化している部分もあるので、ムスメのこの呑気さがさほど心配しなくても良いものなのか、あるいはマズイ状況なのか、わからない。

ただ、これまでの状況を見ている限り、ムスメの “勉強している” という自己満足度と、目指すべきところとのギャップが生じていることが多い。ハハから見るとムスメが言う “勉強した” の達成度は8割、良いところ9割。上位校を目指す生徒が達成すべき ほぼ完璧 には至っていないことが多い。
定期テストをおいては ほぼ完璧 にすることは可能だと思う。あとは意識の問題だ。


…と、そういう話をするとただただ鬱陶しがられるだけなので、どうしてものピンポイントで釘をさす。この匙加減が難しい。

あまりにイライラするし、持て余すので、テスト範囲を把握しがてら、ムスメの横で社会の問題集と数学の過去問をやっていた。勉強せざるを得ない状況にするための無言のプレッシャーでもある。

またこれをやっていると、テスト勉強のポイントや、テストにおいて留意すべき点が見えてくる。
社会はとりあえずは遥か昔にどこかに置いてきた、抜け落ちた知識の穴埋めのレベルだが、数学はなんとなくポイントが見えてきた。ムスメが引っかかりそうな問題、苦手そうな問題のチェックはできたと思う。


結局ハハは先に休んだが、ムスメはその後どうやら深夜に漢字の勉強をしていたようだ。

今日は塾で英・数のテスト対策授業。
数学、ハハが伝えたポイントを重点的に取り組んでくれれば、それなりの結果は得られる… はず。
今回はテスト範囲が『平方根』の単元だけなので、計算や、有理数無理数の概念など、基礎的な部分はたぶん大丈夫。平方根の利用の応用的な問題のパターンをおさえることが肝だ。
また、円や正方形などの図形と平方根を組み合わせた応用問題においては、答えに単位の付け忘れをしないよう。ケアレスミスの女王であるムスメにはそれが最も重要かもしれない。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

そういえば、都道府県統一テスト。

いよいよ今日から部活動停止になり、期末テスト1週間前だ。

放置しておくと隙あらば寝る子なので、とにかく今回は時間がない、帰宅したら夕方までは休憩で良いや、ではダメ! などと、朝からそんなことを言っていたら明らかに鬱陶しがられている様子。
本人もさすがに、3年生の定期テストの持つ意味合いは理解しているだろうと思う。しかしながら心と行動が伴わないのもこの時期の子ども。来春を意識しつつもまだ本気モードに切り替わっていないということもあり…

そこでついついうるさく言ってしまうのだ。
それでもハハとしてはかなり抑え気味にしているつもりではあるのだが。


すっかり期末テストに気を取られていたが、実は今日は都道府県の統一テストの日だった。

1・2年生のそれは、個人の評定に影響するのだが、3年生の場合はいわば団体戦都道府県平均と学校平均の対比により、その中学でつけて良い評定の範囲が決まるというものだ。
その結果が出揃うのは2学期になってからの話なので、結果次第では2学期以降の評定基準の変更の可能性があると告げられている。例えば、現時点では85点以上が評定5とされるところ、今回のテストの結果が都道府県平均に比べて良好な場合はもしかすると80点以上に引き下げられるかもしれないし、その逆であれば90点以上に引き上げられるかもしれない、ということだ。

そうなると、もはやなにを目途において学習に取り組めば良いかわからないし、1・2年生の場合はテストの結果で個人の評定そのものが変更されることがあるため(実際ムスメも中2のときに評定の変更があった)絶対評価とはなんぞや、という話にもなってくる。

正直、今回の3年生でのテストはダイレクトに個人の評定に跳ねるものではないので、特段の準備もさせていないし、なんなら今朝まで忘れていたのだ。ムスメ本人は学校でもそういう話を聞いているだろうが、なにぶん都合の悪い話は一切持ち帰らない。どこのお子さんでもそうかもしれないが。

いまは期末テストの方が重要。今日のテストも不注意のないように気を引き締めて受けてはもらいたいが、その後は気持ちを切り替えて期末テストに全力投球してほしい。


昨晩は塾で、社会の対策授業×2コマ。
学校のノートをパラパラ見てみると、中間テスト以降かなり授業が進んだように見受けられるし、近代の歴史の細々とややこしい部分(現代に近いだけに明確になっている史実が多く、覚えることが多い)でもある。

2コマ集中して授業があるので、精度50%程度にはしてくるようにと言ったのだが、帰宅してきたムスメに感触を聞いてみてもこれといったリアクションは返って来ず。


今日は塾は休み。自分のペースでやるべきことを集中してできる数少ない日だ。

せめてハハが帰宅するまでずっと寝ていた… なんてことがないことを願う。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

私立高校のチラシ。

昨日、ムスメが私立高校のチラシを4枚持ち帰った。

学校には壁一面に貼りきれないほどのポスターが届いているという。
また、今回もらってきたチラシの中には、以前にもミニ冊子形式のチラシをいただいた高校もあった。


内容を見てみると、うち一校は他の都道府県の私立高校だ。
中学時代を通して運動部に所属した生徒には、入学金の半額を免除。さらに都道府県大会出場の戦績があれば全額免除。
部活に力を入れている学校なのかと思いきや、小さな文字で “そのクラブに高校入学後を所属するかどうかは問わない” と書かれている。ちょっと意味がわからない。

また別の高校では、学校説明会に参加する生徒にはお土産を用意しているという。それも文具などではなく… スイーツだ。


少子化のこの時代、私立高校は生徒の取り合いで大変なのだろう。上記の運動部の例のように、学校独自の奨学金制度を設けているところもあるという。

確かに、本来初年度100万円ほどの費用発生が見込まれる私立高校で、入学金や授業料の減免があるのは魅力的だ。
国の制度、また都道府県によってはその制度で助成を受けられるケースもあるが、所得制限が設けられていることも多いと思う。
併願私立を選ぶひとつの基準として、今月通知される住民税云々(公的な助成がどれだけ受けられるか決まる)と、各校の奨学金制度とのにらめっこをしなければならない、と考えていたところだ。



ムスメは、昨晩も塾。英・数のテスト対策授業だった。
提出物となる、国・英・数の教科書ワークはほぼ終わったと言う。

ハハもざっくりとテスト範囲を把握するためにワークを眺めたり、昨年の過去問を見てみたり。
前回の中間テストはかなり突っ込んでテスト勉強に関わったが、今回はそこまでの時間が取れそうにない。ポイントだけ確認してアドバイスするくらいしかできないかもしれない。


今日まで部活の練習がある。よってテスト勉強に本腰を入れられる状況にはなっていない。
明日からの1週間で集中してやるほかない。評定が決まるうえで重要なテストだという自覚はあるようだが、そこに行動がどれだけ伴うのか。

そろそろムスメの本気を見せてもらいたい。


★ランキングに参加しています★


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村