読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

高校受験における『塾』の必要性。

受験ブログを書くようになってから、同じジャンルのブログを拝見する機会が増えたが、高校受験ブログでは『塾なしで〜』を前面に出しているものが多いと感じる。
逆にそれだけ、塾に通わずに高校受験を乗り切ることが珍しくなってきていて、だからこそブログの題材や話題になるのかもしれない。

ムスメは大手塾にべったり通塾しているが、もともとハハは塾至上主義ではない。ムスメが中学生になった当初は塾の必要性について悶々と考えていた。

少なくとも、一般的な公立中学の定期テストで結果を出すためには塾は必要ないかもしれない。
また、ハハも30年ほど前にムスメと同じ地域で高校受験を経験しているが、当時は高校受験においても特に通塾は必要とは思えなかった。実際通塾していたのは全体の2割とか3割とか、その程度だった記憶だ。
なぜなら、学校の勉強をきっちり抑えていれば、それで対応できたから。当時はどの公立高校も一律の入試問題で比較的ベーシックな出題が多かったので、上位校を受験する場合は高得点を取る必要はあったが、それだけのこと。

現在、他の都道府県ではどのような入試制度でどのような入試問題が設定されているのかよくわかっていないが、ムスメが臨もうとしている高校入試では相当な難問が出題されるため、これに学校の勉強+独学で挑もうとするのは、かなりの高学力でもなければ厳しいだろうと感じた。
これだけの難問を並べるということは、暗に通塾を推進しているかのようにも感じてしまうが、かと思えば上位校の合格者が大手塾の生徒に偏っている状況を危惧したのか、突如として出題傾向を変えてきたりと、一体教委はどこに向かっているのか…

正直、時間さえあれば、教えることはできると思う。親が子を指導する難しさは別としてだが。
が、あの入試問題に対応する受験勉強のカリキュラムを組む自信はわたしにはない。そこはプロの手を借りるしかないと思った。


ムスメに関しては、カリキュラムと上位校受験に向けての対応力重視で塾を選んだが、おぼろげに悩み始めているのが来年中学生になるムスコの塾選びだ。

ムスメに比べて得意不得意の差が大きく、総合すると現時点ではムスメよりは学力的には落ちると思う。ただ難しいのは、成長曲線が均等に右肩上がりだったムスメに比べ、このムスコはいわば階段状の成長パターンで突如として伸びるといった事象を何度か経験してきているので、姉より劣るという決めつけは良くないし、期待もしたいところだ。

こどもの能力や適性、この先の伸びも予測して学習方法を選択するというのは親にしかできないが、極めて難しい選択だと思う。


★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

嵐の前の静けさ。

6月に入ると怒涛のスケジュールが待ち受けている。
おそらく今週末だけが唯一の安息の機会で、その後しばらくは休みなしだ。


来週末は、公立判定模試・日曜選抜コースの授業。その週明けは学校の学力テスト。

公立判定模試は部活の公式戦と重なっており、前日受験しなくてはならないのだが、その段取りすらしていないと思われる。
日曜選抜コースの宿題もあるはずだが…

学力テストに向けての勉強も、提出物となっている英語と数学の総まとめワークは終わったものの、国語はまだ。また提出物とはなっていなもののテスト範囲として明示されている社会のワークも手付かず。


今週末になんとか! と言いたいところだが、当の本人、修学旅行中。
結果、ハハにとってはのんびりできる週末となっているわけだが…
ムスメがいないと、こうも楽なのか。いかに日頃、ムスメの勉強のことでバトルを繰り広げているか、改めて実感する。

修学旅行から帰ってきたら振替休日があるので、そこでなんとかさせるしかない。
が、既に修学旅行中の塾の振替授業が振替休日の昼間に設定されていたりとか…
しかも振替休日=平日 なわけで、ハハはとうぜん出勤日。怠け者のムスメが親きょうだいのいない家できちんと勉強するのだろうか。寝てばかりで過ごすのではなかろうか。中3にもなって情けない心配だが。


来週末と明けの学力テストを終えると、学校と塾の進路説明会、学校の進路希望調査。各高校の学校説明会。そして毎週末、部活の公式戦。期末テスト。

こうやって中3の一年間なんてあっという間に過ぎていくのだろう。
まだまだ入試に向けての学力のベースすらできておらず、気ばかり焦る…


とにかく今週末はのんびりして、英気を養おう。
ムスメにも修学旅行を存分に楽しんできてもらいたい。


★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

【中3 1学期 中間テスト】度数分布。

中間テストからはや半月が過ぎたが、その度数分布表が公開された。

教科によって、またそのときによってブレはあるものの、だいたい平均点が55〜60点あたりになるようにテストを作っているという。
2年生のときはほぼその通りだったのだが、今回の結果を見ると、全体的に得点が上昇しているようだ。平均点が60点台に乗っている教科が目立つ。たまたま比較的簡単だったのか、3年生としての自覚がそうさせたのか。

そしてムスメの中学の特徴的なのは、平均点は50点台や60点台であっても、その度数が大きい(人数が多い)のは、70点台・80点台。比較的簡単だと80点台にピークがきて、やや難しくなると70点台にピークがくる、といった具合。
そして60点台以下は、点数が下がるとともになだらかに減るか、場合によってはほぼ平坦な分布となり・・ かなり低い得点で小さな山ができるという構造の “ラクダのコブ型” の分布らしく、これについては学校側としては問題視しているよう。

端的にいうと、“そこそこできる層” が厚く、そうではない層と二極化している ということだろう。


ちなみに教科別に10点幅の度数分布しか出ないので、教科別の順位はおよそでしかわからないし、総合点としてはどうなのかという評価もできない。
そもそも絶対評価なので、相対的な順位は評定(内申点)には意味を成さないのだが、高校入試そのものにあたってはやはり相対的な位置は気になるところだ。

今回のムスメの得点から予測するに、
国・理・英 は、上位3〜4%以内にいるだろう。
社・数は、上位10%程度、というところか。
ただ社会は素点は良かったのだが、問題が簡単だったのか平均点が極めて高く、80点台や90点台がダンゴ状態なので、本当のところ5%なのか10%なのか推測が難しく、またいずれにしても大差はないのだと思う。

この中学から、公立のトップクラス校*1 に進学する生徒がだいたい7〜8%程度だという。稀に難関私立高校に進学している生徒もいるそうだが、公立志向の強い地域なので、トップクラス校に進学するには上位7〜8%にいることがひとつの目安になるのだろう。

今回の中間テストは、おそらくその線は余裕を持ってクリアできているだろうが、問題は学力テストでもそのレベルを保てるかということ。
社会が極端に苦手で、理科は単元によって出来不出来の差があるムスメには、少し高い壁のような気がしている。


その学力テストのテスト範囲と、当日までにやっておく課題、提出物が発表された。
テスト範囲はどの教科もこれまでの学習範囲なのだが、課題(3年間の総復習ワーク)の範囲から重点的に出題さされるのではないかと思う。

よって、社会の底上げ学習は、いったんこのワーク中心に切り替え。もはやあまり時間もないが、できることをやるしかない。


★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

*1:ここでは、進学指導特色校として明確に他の公立高校と区別されている高校のことを指している

社会の勉強方法/夏に向けて。

覚えさえすれば、なんとかなる教科。
しかしその “覚える” という過程で悪戦苦闘している。

少なくともこの2年間でひととおりは勉強しているわけで、定期テストではそんなに酷い点も取っていないわけで。
なので塾のテキストをざっと読み返して、あとは問題を解かせているのだが、世襲の時代の人名は混乱する、中国の国家の名称も混乱する、守護地頭って何時代の話だっけ? などと、まったく頭の中が整理できていない様子なのだ。

そういえばムスメは定期テストのときも、ノートをまとめ直すという作業を一切していないが、社会に関してはこれが必要なのではないかと思い始めた。
それなりに時間はかかるが、地理であれば地域、歴史であれば時代ごとに、十分な空きを設けて要点をまとめておき、その後問題を解く中でさらに書き留めておくべきことが出てきたら追記できるような…

漠然とイメージはあるのだが、それをムスメに説明できるほどの詳細に落としきれない。ネットの情報や学習法の書籍などを探ってみようか。


それにしてもたちはばかるハードルは “時間のなさ” これに尽きる。
部活引退まであと2ヶ月強。2ヶ月とて無駄にはできないので、この期間にやるべきこと・できることを見極めなければ。

そういえば既に塾からは夏期講習の案内が来ており、なんと3年生は2年生までの倍以上の62コマ! コマ数に完全比例するわけではないが、受講料も決してサイフには優しくないわけで、ただただ圧倒されるばかりだ。

この夏期講習の前半期間も、ムスメの部活はまだ活動中。ムスメは、大半の部は7月いっぱいか8月にかかる時期までは活動しているのだと言うが、3年生の夏期講習は昼間の時間帯… みんなどのようにやりくりするのだろう。

先日、高校生のお子さんがいる友人と話をしていたところ、やはり夏休みの期間の勉強振りでかなりの入れ替わりが発生するとのこと。受験生は夏が勝負などと言うが、実際夏休みの勉強がその後の成績に与えるインパクトは少なくはなさそうだ。


夏期講習はじめ、7月の進路関連イベントも次々と予定が入ってきている。
ありがちな感じで、冷蔵庫に各行事のプリントをマグネット留めしているが、もう貼るところがなく重ねても重ねても… そのうちマグネットの磁力がプリントの量に負けてしまいそうだ。

ムスメ本人はもちろん、ハハもそれらに負けないよう、なんとかついていかなくては。



★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

目的意識欠如。

水曜は塾のない日。
木曜・金曜は2コマずつ授業があるので、その宿題を水曜のうちにしておかなければならない。

水曜は部活も休みになることが多いが、そういう日は大抵下校後ともだちと遊びに出かけてしまう。
それ以外の日はほとんど遊べる日がないので、それは良いのだが。

だとすれば昼間好きなことをした分、夕食後は速やかに勉強に取り掛かるべきだと思うのだが、それがなかなかそうはいかない。
ムスメ本人が一番、やらなくてはならないことのボリュームをわかっているんだろうに。

昨晩もそうだった。
のらりくらり、21時頃になって宿題開始し、途中でため息をつきながら言う。
「今日も社会の勉強するの?」


なんのために社会の勉強をしているのか。
それを理解していれば答えは一目瞭然のはずだ。

計画性がなく勤勉でもない子だから、ハハがある程度レールを敷いてやる必要があると考えているが、それにしても現状は
“言われたから(渋々)やっている”
としか言いようがない。


先週体調不良で休んだ塾の授業を、今週に入って欠席動画で受講した。
通常授業では講義のあと、問題に取り組む時間があるが、それをやっていないためすべて宿題に回り、そのためやたら時間がかかったのだと思う。

いまの時点で睡眠時間を削り無理してまで勉強しなさいとは思わない。
こういう理由で、これだけやるべきことがあるから、今日はこれで手一杯だ、というならそれはそれでアリなのだ。

しかしながら『社会の勉強をやるのか?』と聞いている時点でアウト。やるということはあくまでも前提。


なんとなく勉強しなくちゃいけない様子だからする、というのはそろそろ卒業してほしい。これからは目標や目的があってそこからの逆引きでやるべきことを考えていかなくては。

少なくとも短期的な “学力テスト” というマイルストーンくらいは意識しているはずなのだが…

その大きな目標になるのがやはり志望校ではないかと思う。
部活も集大成で大切な時期ではあるが、時間のやり繰りをしてでも是非高校や説明会に足を運ばせたい。なにかが変わることを期待しつつ。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

6月の予定。

【小学校】
・授業参観、引き取り訓練

【中学校】
・部活動懇談会
・進路説明会
・登校時挨拶運動
・部活動公式戦(5回)

【塾】
・入試分析会

【高校】
・公立高校学校説明会(2校)
・私立高校学校説明会(1校)


すべて6月の予定。
週5日、フルタイム勤務のハハの予定。

部活動公式戦は保護者行事ではないものの、学校からは “お時間が許せば是非応援を” とプリントが配布される。ハハとして純粋に見たい、応援したい、ムスメと同じものを共有したい、という気持ちが一番だが、ムスメに対しても顧問の先生に対しても “見てます” アピールを兼ねて、ということもある。


さて。
こうなることは予想できていたので、ほぼ予定は空けてある。

が、公式戦と高校説明会と入試分析会が被っている日が一日、小学校行事と公式戦と高校説明会が被っている日が一日、ある。


公式戦と高校説明会と入試分析会…
公式戦は午前中だけなので、高校説明会は午後の部活動見学だけでも参加させてもらおう。失礼のないよう事前に連絡を入れておかなくては。その後、夕方から入試分析会にハシゴ。

部活動見学だけでなにがわかるのか? という話もあるが、どこの高校にも実際に足を運んだことのないムスメには、是非雰囲気だけでも触れて欲しいという思いがある。
例えば進路実績も授業のカリキュラムも、親にとっては重要な要素だが、中学生にとって最も響くのは、実は校風やその雰囲気ではなかろうか。


小学校行事と公式戦と高校説明会…
この高校説明会は公式戦と時間帯がまる被りなので、今回は見送るほかないだろう。この学校は幸い次月にも同様の説明会がある(それも部活との兼ね合いで参加の可否が不透明だが)。

小学校と試合会場が自転車で5分ほどの距離というラッキーもあって、この日は小学校と試合会場を渡り歩くことになりそうだ。
梅雨の時期、酷い雨にだけはご勘弁願いたい。


そしてそうこうしているうちに月末には期末テストがやってくるため、本当に見事に休みなしだ。平日の行事のため勤務を調整するので心苦しいが、少し平日に休みを取らないと身体がもたないかもしれない。

ハハの苦労など知らなくて良いが、それがムスメ(やムスコ)のためになれば。ただそれだけだ。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

公開テスト速報/中間テスト結果貼り出し。

ムスメの通う塾は、学力別クラス編成はもちろんのこと、座る席次も成績順。そして塾での模試や学校の定期テストの結果は偏差値や素点が貼り出される。さすがにそれは成績上位者のみらしいが。

上位クラスに移籍しなかったムスメは、その中では成績上位に位置するので、貼り出しは常連なのだが…
ここ何回かしばらく2位につけていた公開テストは、どうやら5科総合の偏差値が3ほど下がっており、2〜3人に逆転された様子。

一度だけのテスト結果で測るのはなかなか難しいので、今後それがどうなっていくかが問題だろう。
しかしながら現時点での問題は、ムスメ本人がさして気にも留めない様子だということだ。根本的には他人との闘いではないのだが、それでも次回こそは負けないようにと発奮するということはないのだろうか。


公開テストの結果を省みるより、同時に貼り出された中間テストの成績上位者・・というよりこちらは高得点者なのだが・・として貼り出されたことに気を良くしているようだ。数人しか貼り出し基準に達してなかったよ♪ と。

この楽天的で都合の良い性格が幸いする場面もあるのだろうが、受験生としてはハハは危惧するばかりだ。


ところで1年生のなかに、中間テスト5科495点というツワモノがいたそうだ。1年1学期の中間テスト、誰もが比較的高得点を取れるとはいえ、1教科平均99点は凄いとしか言いようがない。

1年生は塾の上位クラスの設定がなく、基本的に地元の校舎に通うので、稀にこのようにずば抜けている子がいる。

中3のムスメに495点とは言わないが、現状に満足せず努力してもらいたいものだ。


塾から帰り、歴史と格闘するムスメ。
フジワラとタイラとミナモトだらけで、誰が誰なのかさっぱりわからない! と嘆きながら。

アフリカの主要国はなんとか頭に入り、次はヨーロッパ。比較的国名には馴染みがあるのだが、位置関係がさっぱりわかっていない模様。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村