読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

テスト返却その2。

中間テストの採点結果が続々と返却されている。

最大の問題と思われた、数学
想定していた以上の間違いはなく、“取りたい評定” から逆算するとギリギリの及第点といったところか。
数学は、中間・期末テストも学力テストも同じウエイトで評価されるため、この先学力テストも含め現状維持もしくはそれ以上の点数が必達。中2の2学期の学力テストでは定期テストと遜色ない点数は取れていたが、学習内容に難易度が増してきているいま、どれだけの結果を出せるか。

理科。今回一番期待できそうな教科で、物理分野の25点分は既に満点の結果を得ていた。
結果、化学分野で『Cl2』と分子の形で記述しなければならないところを『Cl』と書いてしまっており、僅かに失点。が、目標としていた程度の結果は出せた。

社会。ハハから見るとなかなか手強い出題も見られたが、その、ピンポイントの知識を問うのではなく歴史的背景を記述させるような問題もほぼ減点なしだったのと、教科書やノートの細部から出題されている問題も、実際に授業を受けているムスメにとってはさほど難関ではなかったのか、それなりに得点できていた。この教科もほぼ目標クリアと言って良いと思う。
それにしてもこの社会は、授業を大切にすることが重要だと思われる。ムスメのノートを見ている限り授業の取り組みについては問題ないとは思うものの、改めてアドバイスはしておこう。

残り2教科、国語と英語も今日明日には返却されることだろう。


昨夜は塾の通常授業で、授業の合間にGW中の数学の課題を提出しに行ったところ、数学担当でもある塾長から、公開テストの数学が良くできていたとお褒めの言葉をいただいたようだ。

いや、確率のパターンのカウントミスで10点も失点しているのだが…
これさえなければ本当に素晴らしい結果だっただろうに、とは思うが、多くの生徒が四苦八苦している図形の応用問題をクリアできるようになってきていることは、ムスメの努力の賜物であり、大いに評価したい。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村