読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

授業参観。

昨日は今年度初の授業参観だった。

 

もちろん学校での様子を見るために行くのだが、

・ムスメへの “ハハは貴女のことを見ている” アピール

・学校(担任)への “こどもの学校生活や教育に関心のある親です” アピール

の意味合いもある。フルタイム勤務のため時間のやりくりが厳しいことも時にはあるが、学校行事には極力参加するようにしている。

かつ、日頃は ママ友とランチ なんて時間もなかなか取れないので、短時間かつ挨拶程度にはなるが、おともだちの親御さんとのコミュニケーションタイムでもある。

 

ムスメのクラスの参観授業は、国語。

この中学校では中1・2は数学、中3は国語で少人数制授業を取っており、教科担当がふたり付いて別々の教室でクラスを二分して授業が行われている。

ちなみに小学校でも算数がそうであるが、こちらは自己申告→教員による調整による、習熟度別のコース分け。中学校は単純に出席番号で分けているだけのようだ。

その少人数制授業を見ていると、生徒たちに課題を与えて取り組ませる間、教員が生徒たちの座席を回って個別に指導をすることもある程度可能。中学校の場合はそのあたりに狙いがあるように思えた。

 

少人数制授業や、電子黒板を使用しての指導など… 親世代とは学校教育も変わっている部分が見受けられる。それに対応していかなければならない教員は大変であろうが。

 

授業参観のあと、PTA役員選出があったが、今年は役員に当たる予定はないので、委任状を提出して早めに退散した。

次回は5月、授業参観にPTA総会に修学旅行説明会を含む学年懇談会の予定。その次は6月、進路説明会。そして7月、個人懇談。3年生の親は休む暇なしだ。