読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとハハの365日ニッキ

2018年 高校受験を迎えるムスメとそのハハのニッキ。

私立併願校。

塾で、昨年度の3年生の合格実績が個人名入りで貼り出されたらしい。

 

ムスメいわく

「私立はO高校だらけ」

 

O高校… 実質的に学力別で3コース設置しており、最上位のコースだと公立トップクラス校の併願校として、3番目のコース専願だと中の上くらいの成績の子が受験するような地元の私立校。

やはり私立は近隣の学校を受けるよう誘導されるのか?

 

多くの都道府県でそうなのかもしれないが、このあたりも昔から私立校に関しては “事前相談” なるものが存在する。中学校から内申や学力テストの結果をもって事前に高校にお伺いをたてるというもの。もちろんその場で内定を出すわけではないのだが、ほぼその事前相談で合否は決まっているという。ムスメの中学校でも、事前相談が存在するとはっきり進路説明会で公言されている。

原則として全生徒の受験校に事前相談に行くのだから、なるべく受験校を集約したいという事情もあるのか。手間暇の話もあるだろうし、中学校と高校の繋がりという点でも好都合なのだろう。同じ中学からほとんど受験者がいないような高校に事前相談に行く場合、高校側にしてもその中学からの実績値が乏しいためジャッジが難しいということもあるのかも。

 

うちもこのO高校を併願校にする可能性は濃厚か…。

しかしながら、みんなが受けるから、中学校にとって好都合だから誘導されて、ではなく、どんな高校生活が送れるのか、本人の志向に合っているのか、また進路実績や進路指導について良く知ったうえで受験校を決定したいもの。

そのためには、やはり学校説明会や進学フェアなどに何度も足を運ばなくては。